食あたりの後の食事は胃腸に優しいものを

食あたりにより下痢や嘔吐を起こした後は、食欲が低下することもあれば胃が空っぽになったので食欲が出るという人もいます。
どちらにしても食あたりを起こした後の食事は気を付けたいところで、下痢や嘔吐をした後の胃腸は体内にいれておいてはいけないものを排出するために頑張ったので、疲れている状態です。
下痢や嘔吐を起こした直ぐや、その日からしばらくの間は胃腸に優しい食事を摂取することが大切です。
胃腸に優しい食べ物は消化の良い食べ物のことで、水分が多く繊維質や消化しにくいタンパク質が少ないものです。
タンパク質は生命維持・疲労回復・体の修復に必要なものなので摂取した方が良いものですが、タンパク質には消化しにくいものと消化しやすいものがあります。
消化しやすいタンパク質は鶏ササミや大豆で、柔らかくしてから摂取します。
鶏ササミの場合は、柔らかくした後にほぐすことが必要です。
大豆は柔らかくした後に、すり潰したりこしたりすると良いと思います。

最新記事

  • 食あたりは昔と違って最近は一年中気をつけなくてはいけなくなってきています。
    食あたりになると吐 …

    続きはコチラ

  • 食あたりを避けるためには食事の作り方にも細心の注意を払って作る必要があります。
    食あたりを避け …

    続きはコチラ

  • 食あたりの原因がわかるものの約8割は細菌性のものとされています。
    食あたりを防ぐためには毎日の …

    続きはコチラ