食あたりをしない食事の作り方

食あたりを避けるためには食事の作り方にも細心の注意を払って作る必要があります。
食あたりを避けるためのポイントはいくつかありますがその中でも特に大切なのは食物についている菌などを他の食物に移さないことです。
こうしたことがよく起こりやすいので注意をしなければいけないのがまな板です。
まな板を使うときに気をつけなければいけないのは、肉や魚などを切ったときです。
これらのものには菌がついていることが多いので、まな板の上で切断をした場合にはまな板をしっかりと消毒する必要があります。
菌が残っている状態のままで他の食材などを切断してしまった場合には、そこから菌が付着してしまう場合もあります。
それが結果的に食あたりを引き起こすような原因にもなり得るので、まな板の使用には細心の注意が必要です。
まな板を消毒する際には水よりも熱いお湯を使って消毒した方が効果があります。
また洗剤などもしばらくつけた状態にしてから流した方が効果があります。