しっかりと過熱した食事をとるようにする

食あたりの原因がわかるものの約8割は細菌性のものとされています。
食あたりを防ぐためには毎日の食事に気をつけなければなりません。
鮮度の落ちた食材はしっかりと過熱することが大事になります。
また抗菌作用のあるにおい成分を含む食品を取り入れるのも効果があります。
しょうがやわさびやニンニクやしそなどが良いでしょう。
最近では西洋料理にも好まれるハーブやスパイスなども良いでしょう。
また腸内環境をととのえることも重要です。
菌に対する抵抗力がつきます。
腸内にすむ善玉菌であるビフィズス菌を増やすヨーグルトなどは毎日とるようにすると良いです。
ヨーグルトにオリゴ糖を含んでいるバナナを加えることもおすすめです。
しかし食あたりの症状がはげしいときは無理に食事をしないようにしましょう。
暖かくして安静にしていることが大切です。
症状がよくなってきてから、おもゆなどから食べ始めて普通食に戻すようにしなければなりません。
脱水症状にならないために、水分補給は欠かさずしましょう。